s p l e n d o u r

Information about PS3* (PEDRO SANCHEZ 3)(ペドロ・サンチェス3), Multidisciplinary artist born in Madrid. www.theartps3.org
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
初日!
さあ、初日です!友人、知人や、いろいろな方にお越しいただきました!!

まずは今働いている会社の上司、社長、所属している歌手の方、ファッションデザイナーの大先生、いけばな作家、ミュージシャンとそのマネージャー等々!

スタバの天井円周を、ぐるりと素敵に演出されていた、イラストレーターの平尾香さん(ananや、パウロ・コエーリョの物語の挿絵等で有名)にもお越しいただき、お話をさせていただく。平尾さんと私の上司、デザイナーとミュージシャン、いけばな作家のお引き合わせ、紹介と、意外な組み合わせのジャンルのクリエイターを、この場で時間差で紹介できたのが、何とも面白い光景でした。とある人が帰られてから、とある人にお越しいただいて、ああ、紹介したかった!!等。

嬉しかったのは、皆で今回制作したアーティストブック(3000円、部数限定)を買ってくれて、サインして!とペドロさんにいろいろな絵を描いてもらっていたこと。そして私の知人が「ここに描いてください!」と、穿いているジーパンを体ごとキャンバスとして提供してくれたことです!彼女はおそらく最初からそのつもりで来ていてくれていたのですね。彼氏と妹さんもそれぞれアーティストブックや携帯にイラストを描いてもらい、えびちゃんというニックネームの人の本に「ヘビ」を描き、間違えたんじゃないの~とペドロさんはからかわれつつも、知っててあえてヘビを描いたと主張。

次々に生まれるドローイングが、それぞれに新しく、それぞれに向けて描いているようで面白い。友人のヒステリックグラマーのジーパンに「愛の精霊 GHOST OF LOVE」とか、何か彼女に合っていて、いいなあ、と思いました。こんなにたくさんの人が(ほとんど全員)描いてほしいと思っているなんて、予想外でした。そして出来る絵が、それぞれ面白いのも、意外でした。「愛の精霊 GHOST OF LOVE」の友人は、将来クリスティーズで高額落札されるかもしれないと、このジーパンを洗わないで取っておくそうです。もっと穿きたいだろうに、ごめんよ。でも本当にいい出来でした。

この日はまだ展示が終わりきれておらず、二夜連続ツタヤで夜を明かすことになる。私達、ツタヤ住まいです?!

(C)PS3* TSUTAYA 2005
後ろには平尾香さんがスターバックスの円形スペースを囲うように作った作品が見える。まだ中央オレンジプール作品下にはオレンジ色のミニローバーが。

(C)PS3* TSUTAYA 2005
はじめに「ここに描いてください!」と自らが履くジーパンを差し出した、勇気ある友人。ドローイング第一号。

(C)PS3* TSUTAYA 2005
ミュージシャンとそのマネージャー。

(C)PS3* TSUTAYA 2005
名作「愛の精霊(GHOST OF LOVE)」制作中。


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
Locations of visitors to this page
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。